文字サイズ : < <  
 

沿革

2006年

8月 池上裕子と加治屋健司がオーラル・ヒストリー・アーカイヴの構想を練り始める。
11月 住友文彦と鷲田めるろが加わり、設立に向けた準備を始める。
12月 足立元、粟田大輔、池上、加治屋、住友、鷲田が集まり、アーカイヴを設立。
以後、インタヴュー対象や方法等について検討を重ねる。

2007年

8月 白髪一雄氏への聞き取り調査からインタヴューを開始する。

2008年

石橋財団、ポーラ美術振興財団、鹿島美術財団、
大阪大学GCOE「コンフリクトの人文学」(研究プロジェクトとの連携)の助成を受ける。
6月 牧口千夏がアーカイヴに加わる。
10月 坂上しのぶがアーカイヴに加わる。
12月 鏑木あづさがアーカイヴに加わる。

2009年

石橋財団、広島市立大学特定研究費、大阪大学GCOE「コンフリクトの人文学」(研究プロジェクトとの連携)の助成を受ける。
1月 宮田有香がアーカイヴに加わる
6月 ウェブサイトの運用を開始し、9つのインタヴューを公開。
7月 中嶋泉がアーカイヴに加わる。
9月 辻泰岳がアーカイヴに加わる。

10月

白髪一雄のオーラル・ヒストリーの抜粋がKazuo Shiraga: Six Decades (New York: McCaffrey Fine Art, 2009)に英訳される。
11月
第1回シンポジウム「オーラル・アート・ヒストリーの可能性」を国立国際美術館で開催する。粟田大輔、池上裕子、尾崎信一郎、加治屋健司、北原恵、建畠晢、前田恭二が登壇する。
加治屋が「語られる美術史 日本美術のオーラル・ヒストリー・アーカイヴの構築に向けて」を『鹿島美術研究 年報別冊』に寄稿する。

2010年

石橋財団、科学研究費補助金、広島市立大学特定研究費、大阪大学GCOE「コンフリクトの人文学」(研究プロジェクトとの連携)の助成を受ける。
2月 第1回ワークショップ「オーラル・ヒストリーと戦後美術の理解」を広島市立大学で開催する。足立元、粟田大輔、池上裕子、加治屋健司、坂上しのぶ、住友文彦、辻泰岳、牧口千夏、鷲田めるろが登壇する。
3月 加治屋が「日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴと美術史料の将来」を『あいだ』に寄稿する。
5月 池上が「シンポジウム『オーラル・アート・ヒストリーの可能性』をふりかえる」を『視覚の現場』に寄稿する。
9月 公開オーラル・ヒストリーが20になる。
10月
池上が第6回アジア次世代美術館キュレイター会議(インド・バンガロール)で「Toward Oral Histories of Art in Asia」と題して発表する。
11月 加治屋が早稲田大学演劇博物館演劇映像学連携研究拠点の研究会「舞台芸術研究におけるオーラル・ヒストリーの可能性」で「日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴの取り組み」と題して講演する。
第2回シンポジウム「オーラル・アート・ヒストリーの実践」を東京藝術大学で開催する。池上裕子、加治屋健司、黒ダライ児、坂上しのぶ、住友文彦、平井章一が登壇する。

2011年

石橋財団、科学研究費補助金、広島市立大学特定研究費の助成を受ける。
11月 大阪大学中之島センターで加藤瑞穂と本阿弥清を招いて第2回ワークショップを行う。
公開オーラル・ヒストリーが30になる。

2012年

石橋財団、科学研究費補助金の助成を受ける。
10月 加治屋がAMeetに「日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴと美術アーカイヴの意義」を寄稿する。
篠原有司男のオーラル・ヒストリーの抜粋がShinohara Pops! Avant-Garde Road, Tokyo/New York (Albany: State University of New York Press, 2012)に英訳される。
公開オーラル・ヒストリーが40になる。
12月 池上がアジアアートアーカイヴの『FieldNotes』に「On the Practice of the Oral History Archives of Japanese Art」を寄稿。杉浦邦恵石内都のオーラル・ヒストリーの抜粋が英訳される。[リンク][リンク][リンク]

2013年

石橋財団、科学研究費補助金、ポーラ美術振興財団の助成を受ける。
2月 山口勝弘のオーラル・ヒストリーの抜粋がニューヨーク近代美術館のウェブサイトpostに英訳される。
3月 新宿区立角筈図書館で江上ゆかと篠原誠司を招いて第3回ワークショップを行う。

7月

福岡道雄のオーラル・ヒストリーの映像が兵庫県立美術館の「信濃橋画廊コレクション」展で上映される。
日本経済新聞7月29日夕刊記事「芸術家の証言・映像公開・発信の動き 鑑賞の手掛かりや研究資料に」でアーカイヴが紹介される。

9月

公開オーラル・ヒストリーが50になる。

10月

有村真鉄と加藤アキラのオーラル・ヒストリーの抜粋が『アーツ前橋 カゼイロノハナ』(美術出版社、2013年)に再録される。
11月 SOHOプラザ名古屋で越後谷卓司、阪本裕文、高橋綾子を招いて第4回ワークショップを行う。
12月 池上が沖縄県立博物館・美術館のシンポジウム「アーティストのことば アーカイヴと沖縄美術」で「アーカイヴとオーラル・ヒストリーの関係について」と題して講演する。

2014年

石橋財団、科学研究費補助金の助成を受ける。
1月 久保田成子元永定正のオーラル・ヒストリーの抜粋がニューヨーク近代美術館のウェブサイトpostに英訳される。
2月 加治屋が東京文化財研究所の研究会「アート・アーカイヴの諸相」で「美術アーカイヴのなかの美術史」と題して発表する(『美術研究』第415号(2015年3月)に採録)。

4月

京都市立芸術大学に芸術資源研究センターが発足し、日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴの協力のもと、「戦後日本美術のオーラルヒストリー」、「フルクサスのオーラルヒストリー」、「京都画壇のオーラルヒストリー」が始まる。
6月 公開オーラル・ヒストリーが60になる。
12月 池上が丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で「『ことば』を残すということ 日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴの取り組みについて」と題して講演する。

2015年

石橋財団、科学研究費補助金の助成を受ける。
3月 岡上淑子のオーラル・ヒストリーの抜粋が「夢多き時代 岡上淑子インタヴュー」として『はるかな旅 岡上淑子作品集』(河出書房新社、2015年)として再録される。
公開オーラル・ヒストリーが70になる。
印刷・製本したオーラル・ヒストリーを国立国会図書館、東京国立近代美術館アートライブラリー、東京都現代美術館美術図書室に寄贈し始める。
4月 和泉達のオーラル・ヒストリーが再編集されて『あいだ』220号に前編が掲載される。
5月 坂上しのぶがアーカイヴを離れる。
6月 和泉達のオーラル・ヒストリーが再編集されて『あいだ』221号に後編が掲載される。
8月 細谷修平がアーカイヴに加わる。
韓国立アジア文化殿堂文化情報院(韓国・光州)との協働で加藤好弘と岩田信市のオーラル・ヒストリーの聞き取りを行う。
11月 岡崎和郎と大西伸明のオーラル・ヒストリーの映像が京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAの「岡崎和郎/大西伸明 Born Twice」展で上映される。
12月 加治屋が韓国立アジア文化殿堂文化情報院(韓国・光州)で「The Archive as Prosthetic Supplement」と題して発表する。

2016年

石橋財団、科学研究費補助金の助成を受ける。
2月 鷲田が「デジタルアーカイブin岐阜」で日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴの活動について事例紹介を行う。
鷲田が合同会社AMANE(金沢)主催の第4回634 Sweets Break Meeting「アート系情報公開の挑戦と苦悩」で日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴの活動について事例紹介を行う。

5月

加治屋が『美術手帖』に「アート・アーカイヴ データベースとミュージアムのモデルを超えて」を寄稿する。
7月 伊村靖子、菊川亜騎、野中祐美子、山下晃平、山峰潤也がアーカイヴに加わる。